日記

【日記】フィリピンで誕生日に豚の丸焼きを注文した。

※この話は7月22日~23日の過去日記でこの話は豚に感謝をし美味しくいただいた内容です。

私はフィリピンに行く時期は決まって7月に行く事にしている。

小さいころからこの歳まで決まって・・・

そんな私の誕生日になんの料理を決めるか考え私が思いついたのはレチョン(lechon)そう、豚の丸焼きである。

私たちフィリピン人はお祝い毎に確率でレチョンを出すのだ。

しかし豚の丸焼きは貧乏の人は買うことができず大体は決まってお金を持ってる人か合同でお金を出す事になる。

しかしここでいつもなら母が勝手に決めて勝手に始めるのだが今回料理は私が口出しした。

私「レチョンが食べたい」と

ここで親戚一同驚いた。

親戚「レチョン!?まじで?」

ここで親戚一同テンションアゲアゲw

しかし親戚は豚1頭に大体7000PHP(フィリピンペソ)と言ったのだ。

ここで思ったのがうちの親戚はみんな正直に言うが「金にがめつい」。

酷いくらいにw

ここでフィリピンの相場では豚1頭に7000PHPは高い方なのか?とぼったくりにあった気分だった。

親戚の名前ジョジョは看護士のバイトした時に月4000PHPの給料だと言っていた。

だとすると適正価格なのか?とふと思った。

・・・・・

まぁせっかく来たんだし?ここはぱぁーと使うかw

と言う事で早速ジョジョに探しに行ってもらった。

そして1日で見つかり近所の空き地に豚1頭木につながれていたのであった。

でかーい!説明不要!

とは言ったが大きい。大体140cmぐらいだろう。写真を撮った時寝てたけどね。

しかし・・・

私の誕生日の為に豚一頭買い捌かれる豚。

いつもスーパーで加工済みの豚肉を買ってるのとは訳が違う。

明日捌かれるだろう。

そして次の日。

朝、母に起こされ親戚一同私が泊まってるホテル(リゾート)に来てお祝いしてくれた。

親戚の家に行くため準備をし車に乗りジョジョの家に出発。

着いた矢先待っていたのがこれ!豚の丸焼きである!

 

 

 

 

こちら丸焼き具合です!

迫力がすごい!!

ここで初めて近くで見たがかなり衝撃的!

これをショックを受け取る人もいるかもしれないが日本の「沖縄県」でもやってますからね(ここ重要)

この後ジョジョの友達と一緒にフィリピンで人気のラム酒「タンデュアイ」を飲みながら食べました。

ちなみに豚の丸焼きはそんなに味付けをせず各自分で調味料をつけ食べました。

ここで書きますが「豚さん。お命頂きました。ごちそうさまです。」

-日記
-,

© 2021 記事BOXのブログ Powered by AFFINGER5